読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ことのこと。

思ったこと。感じたこと。自分の視点で自分の言葉で描いてみる。

「アルバイト」のコト

こんにちは。

8月になりましたね。世間で必死で働いてる方もいるなかで

僕はアルバイトをしています。

 

大学で教員免許の更新講習をやっているので

それのバイトです。

 

 

まぁ、仕事内容は1時間受付して

1時間出席チェック等々の雑務して

のこり5時間は読書と課題などなどの時間になるという

なかなか美味しいバイトです。

 

でもね

 

でもね。

 

僕が大学生(学部生)のころ、

それはそれはそれなりにアルバイトをしてました。

朝から夜中までって時もありました。

 

その時は稼いでやるー!って思っていたのです。

 

でもね

ある人に言われたのさ。

バイトってのは、稼いでるんじゃない。

自分の売っているんだ

 

みたいなことを。

 

僕は結構ショッキングでした。

そうかぁ。稼いでると思うとプラスしかない気がするけど

売っていると考えると少しマイナスも入ってくるというか

自分を時給いくらで売っている・買われている

そういうこと。

 

 

そこから僕はバイトしまくるのをやめようと思ったし、

のんびり暮らしていこうと思ったんです。

 

今のバイトも本当に暇でいいんだけど

でもその代償に売っている時間は少なくない。

 

1日のバイト代と

1日の価値

見合っているのかなぁ。。。と思うことも。

 

でも仕方ないという面もある。

だってお金がないと授業料も払えないし、

生活費も払えない。

 

そういうギリギリの

葛藤。妥協。納得。諦め。

 

そんな日々に生きているのです。

 

僕は働きたくないなぁ。

いや、それは多分家事とか、畑仕事とか、

サッカーとか、そういうのだったらどんなきつくても

多分、やっちゃう。下手したら給料が最低限でもやっちゃいそう。

 

逆にどんな給料高くてもやりたくないことは極力したくない。

 

甘いこと言ったっていいじゃないですか。

だって、みんなそう思ってんじゃないか。

 

答えはきっと奥の方。

心のずーっと奥の方

ヒロトさんも歌ってます。

 

 

とかいろいろ言いながら

思うんだよね。

 

結局

帰り道

100万落ちてたら

むちゃくちゃテンション上がるよね。