読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ことのこと。

思ったこと。感じたこと。自分の視点で自分の言葉で描いてみる。

「どうやら僕のまわりはバファリン以上に優しさでできてるかもしれない」のこと

改めましてこんにちは。

3月のチキンこときくちです。

 

 

ということで27日に出国し、パナマへ向かう途中の僕に

ちょっとした不幸が集中砲火しておりまして

 

出国して経由地であるアトランタについた瞬間に

僕がやらかしまくったせいで

 

多くの方に

ご迷惑と不安と心配とかけてしまい

かつ

嘲笑と叱責と暴言を根拠の無い励ましを頂いて

道頓堀並みにどんよりしていたきくちでぷ。

 

ということで

 

「釈明」と「弁解」と「言い訳」と「言い逃れ」

を足して

「責任転嫁」で割ったようなことを書いておきたいと思います

 

『事件編』

まず

第一のやらかし

ロックアウト事件」

まぁ要するにオートロックのカードキーを部屋に置いたまま

外に出ちゃったよーって話です。

 

ところがどっこい小結ちゃん。

 

話はそんなに単純なことでは無いのです。

 

ことの発端は以下の通りである。

 

日本を旅立ち12時間後アトランタに到着した僕らは

重い荷物を抱えながらどうにかこうにかホテルに到着したのだが、

そのホテルの部屋が思っている以上にでかい。

入り口から端の壁まででんぐり返しが8回はできるくらい。

 

さらに面白いことに、その部屋の内側から隣の部屋に続く秘密の通路があったのです。

 

つまり、僕の部屋から扉を開けるとそこにもう一枚扉があり、

隣の部屋からその扉を開けると僕と隣の部屋がつながるのです。

そして隣の部屋の住人は一緒にパナマに行く人。

 

そんな部屋に泊まったことが無い僕はまぁ必要以上に浮かれ

隣の部屋に行ったりしたのです。

 

ここが全ての元凶であったことは言うまでもない。

 

隣の部屋に行き

「すげー!」

とか言ってると僕側の扉が閉まってしまう。

 

開けようとするがあかない。

なんだーあかないのかぁ。

(この時にはことの重大さがわかっていない)

 

しかたなく隣の部屋から廊下に出て僕の部屋に戻ろうとした時

やらかしに気づく。

 

あ、カードキー部屋の中だ。。。。

 

まぁ、ここまではよくある話、

ということで受付に行って予備のカードをもらう。

 

やっちゃいましたねー

なんて笑いながら部屋に向かう。

 

さて、普通ならここで物語はおわるのですが

 

ところがどっこいドキンちゃん

 

世の中と僕に付きまとうプチ不幸はそんなに甘くない。

 

扉が開かないのである。

 

ん?なんでだろう?あれ?んん?

 

不思議に思った直後、

僕に電撃が走る。

 

あ、ぼくちゃん内鍵しめてるやん。

 

 

。。。。説明しよう。

 

訓練所の生活でも鍵をせず呼び出しをくらいまくってた僕は

気づいたら鍵を必要以上にかける習慣を身につけていた。

 

ホテルの一室に入った時、その習慣が発動し、

(オートロックにもかかわらず)内鍵をしめ、

隣の部屋に行き、そして戻れなくなったのである。

 

つまり電子ロックに加え

物理的ロックもかけてしまっていたのである!!

(どどん!)

 

ということで

見た目は大人

頭脳は子どもの僕が

コナンに出てきそうな

見事な密室をつくりあげてしまった。というわけである。

 

そしてそこで慌てふためいていた時に

別の不幸が訪れる。

 

第二のやらかし

「戦力の半分を失っちゃったよ事件」

 

ふっとみたらズボンにくっつけていた

カラビナが外れておりスーツケースの鍵が

ぽろりんちょしていたのである。

つまり、2つ持ってきたスーツケースの鍵が

パナマに着く前に1つ帰らぬ鍵となってしまった。

 

キクチ君は鍵を2つ持ってました。

アトランタで1つ落としたので

残りはいくつでしょう?

 

この小学校の教科書的な現実を

受け入れ難いものの

 

ともかく無いものは無いのである。

いやむしろ、最初からあったっけ?と思うほど

飛ぶ鍵、跡を濁していなかったのである。

スーツケースは僕の全てであるため

それが開ける鍵が半分になるということは

すなわち

 

僕の戦力が半減することに等しい

 

かどうかはちょっとわからないけど

雰囲気的にはそんな感じ。

 

 

それはともあれ

チェックイン時にはめちゃくちゃ優しかった

受付のお姉さんにめちゃくちゃキレられて

どうにか最強のマスターキーを使い

部屋に戻った僕は(ちなみに内鍵だけでなく、チェーンをかけてたら詰んでいた。)

スーツケースの予備の鍵があることを確認して

一安心したのであります。。

 

さて、

その後寝る前にあることに気づく

 

『文明を捨てる羽目になるキクチ事件』

 

充電器・HDDなどの電子機器を入れた

袋がない。

飛行機の中でつかったのに。。。。

もしかして、、置いてきた。。。

海外において電子機器がなくなるということは

 

外部との連絡や・・・・・

 

ちょっと他には思いつかないけど

とにかく難しい年頃を迎える羽目になる。

 

ここまでくると

自分の神経というよりも

現実を疑いだす僕は

落ち込みながら現実逃避をするために

そそくさ、いそいそと

キングサイズベットの隅っこに逃げ込んだのでした。

 

 

『解決編』

 

朝起きると

先に空港に行った人から連絡が

 

「鍵がある。」

 

そしてそれはいかにも我が輩の鍵であった。

 

思いかけず

街角で初恋の人に会った時の感動の

半分くらい心臓が高鳴り

 

鍵をキープしてもらうことに。

といってもスタッフは預かってくれないので

空港内のある場所に隠してもらい後ほど回収する

手筈を整えてもらった。

 

ほんとうにありがとう。

 

 

そして一安心している時、

一緒にパナマに行く人が

 

テッテレー!

 

コード類が入った袋をだしてきた。

 

 

僕はその人にタバコ1カートン持ってもらっていたのだが

 

どうやら飛行機から降りる際

コード類を入れた僕のタバコの袋と

彼に持ってもらっていた袋を間違えていたのであった。

 

 

昨日無くしたと思った時に彼は寝ていたので

その事実に気付かないまま今を迎えたのでありました。

 

 

ともかく、

着いた途端

やらかし続き

 

戦力と文明と部屋を失いかけ

 

到着前にホームシックになり

着いてもないのにもう帰りたいと思っていた僕は

 

気づいたらもと通りになっていたのでした。

 

きをつけようね。

 

みんなありがとうね。

 

たぶん

まだやらかすかもしれないけど

たすけてね。

 

 

色々助けてくれたみんな。お礼は2年後に。