ことのこと。

思ったこと。感じたこと。自分の視点で自分の言葉で描いてみる。

「神はサイコロを振るか。」のこと。

こんにちは。

菊地です。

 

先に謝っときます。

 

みなさんごめんなさい。

 

 

 

 

ついに恐れていたことが起きました。

 

やられました。

空き巣です。

 

 

 

時を遡ること1日。

 

昨日の夜23時をまわったころ。

 

お昼寝をしていたせいか、なかなか寝付けず

 

ベットでごろごろしてた時

 

 

ガタガタガタ!

ごとん!

 

明らかに物音がリビングの方から聞こえてきました。

 

 

・・・っ!びくんっ!

 

心臓は高鳴り、頭はぐるんぐるん。

何が起きているかわからず

っえ?え?え?!

 

ただ一つ、言えること、、、

 

何か・・・、いや、誰かいる!?

 

しかし玄関を開けた音はしなかったはずっ!

窓!?

いや、無理だ。物音せず侵入するなんて無理だ!

 

頭の中ではそう思いつつ、恐怖でベットの上から動けず。

今ココで寝室に入ってこられたらやばい!

それに、蚊帳に入ってるから身動きも取れない!

 

・・・ここは中南米、、銃!!??

 

やばい。。逃げなきゃ!どうにかして!

 

 

そう思いながらもリビングの方から物音が聞こえるような気がして

 

怖くて、

まるで金縛りにあったように動けない。

 

「。。ふ。。。なんだ。。。これが・・恐怖か・・」

 

とか中二病を発病する余裕もなく

純粋にびびる。

 

どうにかして蚊帳から出て

寝室とリビングをつなぐ扉に近づく。

 

ホラー映画ならここで扉を開けた瞬間に

目の前に。。。っていう展開。

 

ごめん。そういうの絶対無理。いや本当に。

 

そこで扉を開けず、むしろ鍵をかけ、さらに体でブロックし

開かないようにする。

 

自分でもびっくりするくらい、

心臓は鼓動を早くし足はガックガクと震えていた。

例えるならそう、

 

子どもがゲームのボタン(AボタンとBボタン)

を連打するくらいのスピードで。

 

 

そこで物音を探る・・・

・・

・・

なにも聞こえない。

向こうも様子を疑っているのか?

 

そこであえて物音を若干たて、また寝室の電気をつけ、

起きてるぞアピールをする(扉は閉めたままで)

 

そして何分経っただろうか。感覚がわからない。

全身が汗にまみれた頃、

そっと扉を開け、照らす。

 

誰も、いない。

変化も・・ない?

 

気のせい・・?

 

束の間の安堵を味わいながらも

 

拭えない恐怖が粘り着く。

 

またくるかもしれない・・

ゆっくりと全ての戸締りをし、

寝室の窓、鍵を全て閉めて

音楽を爆音に流しながらベットで朝を迎えた。

 

 

昨日のことは気のせいだったことにして

 

何事もなく1日を過ごす。

 

そして昨日のことなど完璧に忘れ、

久しぶりのサッカーに向かう。

 

ただ、偶然降った雨で

地面がぬかるんでいて、

普段よりちょっとだけ早く終わり家に帰る。

 

 

・・・!!?

 

・・・愕然とした。

 

 

扉が・・・開いている。

 

 

一気に昨日の出来事がフラッシュバック。

 

。。。まさか。。。

 

恐る恐る、扉から中を覗く

部屋の中でゴソゴソと動く気配がある。

ーーーーいる!!

 

 

まさか、昨日の物音は外から部屋の構造をのぞいていたのか。。。!?

 

 

どうすべきか。。

でもサッカー終わりでメガネがない!

 

多分これじゃ戦えないし、どこにいるかもよくわからない!

どうする・・・!?

 

 

悩んだ末に

僕の脳内では

「いや、つか、いつかは家に入らないとお互い困る」

 

といういたって平凡な結末を迎え、

 

まぁまぁ大きな声を出して突っ込むべき!!という

答えを出し、

 

ダダダっ!

と玄関へ侵入!(靴はちゃんと脱いだよ。日本人だからね。)

 

しかし!気づいてしまった。最大の落とし穴。

 

えっと

 

こう言う時はなんて叫ぶんだろう。

 

というか何語を叫ぶべきか・・・?

 

 

というパラドックスにぶつかり

 

・・・う、ううおおぉぉ?

 

不安要素全開の声を携えて

 

突撃。

 

すると部屋のなかにいたもの(裸眼のせいかどこにいたのかは本当に見えなかった)

猛然と僕の方へ突っ込んできた。

よく見えず、ビビってしまい、怯んで後ずさる。

 

そのスキにやつは

ダッシュしぼくの脇をすり抜け

扉から出て行った。

 

呆然とし、

追いかけることもできず、

 

まずは家のなかのチェック。

 

パソコンは無事だった。携帯も。身分証も。

金目のものは取られていなかった

 

寝室まで、チェックしたが

むしろ部屋はそこまで荒らされた形跡はなかった。

サッカーがいつもより早く終わり

きっと奴の予定より早く帰ってきたからかと思われる。

 

ふぅ。。

どうやら無事か。。。

 

 

・・・ただ一つの、そして大きな被害をのぞいて。

 

 

気づいたのは、部屋の無事を確認した後

犯人がまだそばにいるかもしれないと玄関の扉を確認した時だった。

 

っっつ!!!!?

 

そこには僕の大事なものが無残な形で落ちていた。

 

 

・・っおい!おい!まじかよ!

おいっ!死ぬなっ!

おおおおおおおいいいいいい!!!!

 

 

そこに転がっていたのは

今日の夜食べようと思って机の上で自然解凍していた

 

ひき肉。

 

 

詳しく言うと、スーパ99という場所で買った

400g300円くらいのひき肉。

 

あえて言うならば、今日の晩御飯はタコスの予定だったため

カレーパウダーと混ぜて炒めて、

 

トマトは1cmくらいの角切りに

玉ねぎは細かいみじん切りにして

それといっしょに包んで食べるはずだった

 

ひき肉。

 

 

悲しみと絶望と怒りに震えながらも耐え、

 

もはや冷たい肉の塊と化した(まぁ、もともとだし、凍らせたのは僕)

 

ひき肉を僕は窓から思い切りぶん投げて誓った。

 

あのキツネめ。今度家に入ってきたらぶっ飛ばしてやるからな。

 

 

ということで。今日の晩御飯は

野菜オンリータコスです。

 

 

。。。ごめん。

 

いや、

あのね。

違うんだよ。

本当に怖かったから。

 

というかね。僕の家、ジャイカの安全管理の人が見たら

腰を抜かすくらいセキュリティスッカスカだから!

 

カーテンねぇ!扉はしょべえ!鍵はあるけど100均だ!

(フィーチャリング:吉幾三

 

 

あ、

やばい。

楽しくなってうだうだ書いちゃった。

 

でも昨日の物音はマジで怖かった。

何だろう。。。

 

 

あのね。ほんとはね。

タイトルにあるように

 

「神はサイコロを振るか」

(以下真面目)

 

について語りたかったんです。

つまり、

神は全ての物事、事象の決定権を持つか、知りうるかということです。

 

例えば、「シュレディンガーの猫

 

知ってます?

 

ざっくり。本当にざっくり言うと、

 

中の見えない箱の中に猫がいて

 

その箱にはもしかしたら毒ガスが出るという仕組みになっていて

それがもし作動したら、猫は死ぬ。

 

さて、その箱を

見つけたとしましょう。

 

さて、猫はどの状態でしょう。

 

死んでいるのか。

生きているのか。

 

開けるまでは

わからないよね。

 

つまり、箱を開けるまでは

猫は死んでいる状態であり、かつ、生きている状態という

2重の状態、誤解を恐れず言うならば

矛盾している状態である!どどん!

 

という議論ね。

これを巡って

まぁ、いろいろと面白い議論があるんだけど

例えばタイトルの、「神はサイコロを振らない

アインシュタインの名言だと僕は思います。

さぁ、それがどう言うことか、

実際どうなのか、

ということをね、この空き巣事件に関連させて

考えてみたかったのである。

 

つまり、シュレディンガーの言うように

僕がリビングの扉を開ける前

サッカーをしていて狐に出会う前、

僕の家には空き巣がいる状況といない状況が同時に存在していて。。。

みたいなね。

 

身近なことと哲学を結んで見たら、

難しいと思っていたことが意外と面白く見えちゃうのがこれまた不思議。

 

 

でもだらだら書きすぎたからもうやめる。

 

 

。。。タコスくお。

 

もしこういうのスキな人がいるなら

書こうと思う。いつか。