ことのこと。

思ったこと。感じたこと。自分の視点で自分の言葉で描いてみる。

「あるいは僕が神に祈ること。」のこと。

まぁまぁ、長文。でもきっと誰かの役にたつはず(前半はただの戯言だけど) みなさま、こんにちは。10月の菊地です。 いろいろと大変なことが起きました。 「何が起きたか」を説明するためには「どのような過程を辿ったか」 を説明する必要があり、 「どのよ…

「神はサイコロを振るか。」のこと。

こんにちは。 菊地です。 先に謝っときます。 みなさんごめんなさい。 ついに恐れていたことが起きました。 やられました。 空き巣です。 時を遡ること1日。 昨日の夜23時をまわったころ。 お昼寝をしていたせいか、なかなか寝付けず ベットでごろごろして…

「教育ってやつとパナマってやつ」のこと。

運河の国からこんにちは。 8月ですねー。 なぜか僕の家の周りはこの3日間はお祭りみたいで やれ音楽、やれ地響き、やれ爆竹 が夜通し行われており、なかなかファンキーな週末でござんす。 そんなわけでパナマに来てから大体5ヶ月くらい経ったわけです。 ち…

「この世界と僕の家」のこと。

こんにちは。 あっというまに月日が流れまして あれよあれよで7月のきくちでぷ。 そういえばこの前、 校長と2人きりになった時、沈黙に耐えられなくなって つい、 「あ、あの、僕、教員に向けたセミナーでもやろうと思うんだけど」 とか言っちゃったその2日…

「飾りじゃないのよコミ障は(ふっふー)」のこと。

こんにちは。 最近、書いてて何にも面白くなかったので 久々にどうでもいいことを本気で考えてみようと思った。 長編だよ。気をつけて。 1−1 序論 僕は思うのです。この世界、どんな職種であれ、職場であれ 必ず最後に立ちふさがる壁は人間関係であると。 …

「僕とパナマとコカコーラ」のこと

こんにちは。きくちです。 さて、 (以下、「前置き」) ヒトが強いと言われる所以は 人間には適応能力が備わっていること =すなわち「慣れる」ことが出来るからであると私は思う。 なるほど、 しかし同時に人間を弱くしてしまうのも また「慣れ」なのであ…

「無意味なことと戯言と時々愚痴」のこと

諸君! いや、誰もいないのだけれども あえてここでは諸君と呼びかけることにする。 さて、私が日本の裏側に来てすでに1カ月の歳月が流れたと思っているが 実際にはそうではない。2週間くらいである。 したがって少しずつ生活に慣れてきたと言ったら過言で…

「どうやら僕のまわりはバファリン以上に優しさでできてるかもしれない」のこと

改めましてこんにちは。 3月のチキンこときくちです。 ということで27日に出国し、パナマへ向かう途中の僕に ちょっとした不幸が集中砲火しておりまして 出国して経由地であるアトランタについた瞬間に 僕がやらかしまくったせいで 多くの方に ご迷惑と不…

「さみしくなってもいい夜」のこと。

ぽん。 こんな大袈裟な音なんかしなかったけれど それでも一つの大きな選択をするハンコを押した。 いわゆるJICAと僕を結ぶ契約書。 つまり僕はボランティア候補生からボランティアへと 法的に認められたわけです。 でもね 今まで僕は 別に誰かを救いたいと…

「まっしろな世界と色づくことば」のこと。

こんにちは。 絶賛訓練中のきくちです。 毎週火曜日にワクチンを接種する という日々を過ごして早3週間。 僕の体はちゃくちゃくとワクチンに蝕まれています。 相変わらず僕の日々は 朝早く起きて国旗掲揚し、 朝から寝るまで勉強づくしです。 人生で初めて…

「2017年と、ぼくと、ジャイカ」

ここは研修施設ではありません。 24時間、訓練する場所です。 そんなとある人の 一声で僕の2017年は幕をあけたといって良いでしょう。 時は遡り、2016年12月末日。 地獄のような毎日を過ごし どうにかこうにか修論を書き上げた僕。 (手伝ってく…

「修士論文とポリポリピー」のこと。

こんにちは。 きくちです。 あっさり雪が降ったりして あぁ、もうこんな時期かと思ったら あと二週間くらいで今年が終わることに気づき 寒さ以上にガクブルしているきくちです。 最近思ったこと。 僕の大学の中にあるコンビニで ポリポリピーというお菓子が…

「寝坊とヒッチとワクチン」のこと。

こんにちは。 もうすっかり12月。 いろいろと書きたいことがあるのです。 例えば、修論のこと。 でも今日は少しだけ しょうもない話をしたいと思います。 あの、僕、来年から きっと南米に行くのですよ。 パナマに行くのですよ。 (正確にはパナマは南米じ…

「気持ちの良い秋空の下、僕はデカビタを飲んで吐きそうになること」のコト

こんにちは。 (今日はもうブログでもなんでもなく、気分転換のストレス発散です) いやぁ、もう10月も終わりですね。 えぇ、10月の終わりですね。 はい。10月、終わりですね。 ん?10がつ?なんかあったような。。。 とても重要なこと・・・ えぇ、…

「僕の好きな音楽」のこと

あ、どうも。 秋雨前線によって、半ば強制的に監禁されている菊地です。 家にこもっているととりあえず音楽聴きたくなるよね。 ちなみに ぼくは音楽好きなのに音痴という 絶望的なパラドックスにさいなまされているのです。 ということで暇つぶしがてら なん…

「大学院と将来と時々ドS教授」のこと。

こんにちは。9月のキクチです。 以前お伝えしたように、 僕の進路はあれよあれよな状況なわけです。 ということで、意外と知らない大学院の仕組みと 僕の将来のことと ドS教授のお話でも。。。 さて、キクチ、大学院どうするんだ。 という話ですが ちょっと…

「あ、、、僕がしたかったのはこういうこと」のコト

つい先日、大阪にある 素敵なフリースクールに行ったのです。 自分の研究に関連するのも一つの理由だけど、 改めてフリースクールというのを見てみたかったのです。 んでね、まぁ、いろいろなコトがありました。 いろいろな子どもに会えました。 いろいろな…

「15年前のぼくと、まだ見ぬ誰かに伝えたいこと」のコト

ようやく、紀要論文が完成しました。 ちなみに兵庫教育大学紀要第49号に載る可能性が高いらしい。 タイトルは「LINEスタンプを用いたコミュニケーション特質」です。教育関係ないじゃんって言われればそれまでですが、まぁ、そんなことは別にいいじゃない…

僕の大いなるひとりごと part4 虚構のリアリズム編

大いなるひとりごと part4 —虚構のリアリズムについて− これは僕の頭の中にある「面白いなぁ」を徒然書いたものです。なので、先行研究や学術的根拠はないです。興味のない人は裏紙にして地球と仲良くしよう。 この前、面白い話を聞きました。とある4才くら…

ぼくの大いなるひとりごと。PART 3

~「考える」を考える 編~ これは僕の頭の中にある「面白いなぁ」を徒然書いたものです。なので、先行研究や学術的根拠はないです。特に興味のない人は紙飛行機にして憂鬱と共に投げ捨ててください。 昔、テレビかなんかで「会議室で話されていることの7割…

大いなるひとりごとPART2 神さま編

ぼくの大いなるひとりごと。PART 2 ~神さまはいるのか~ これは僕の頭の中にある「面白いなぁ」を徒然書いたものです。なので、先行研究や学術的根拠はないです。特に興味のない人は読まずに燃やしてファームの肥料にして下さい。 さて、今回は神さまという…

おおいなるひとりごと PART1 教育と経済

こんにちは。最近ブログ更新しないのでどうしたもんかと 思っていました。なにかネタないかなぁ。。。と。 頭を捻っていたら そういえば僕が大学で個人的にというか勝手に配布している 「おおいなるひとりごと」というのがあるのです。 これは本当にただのひ…

「アルバイト」のコト

こんにちは。 8月になりましたね。世間で必死で働いてる方もいるなかで 僕はアルバイトをしています。 大学で教員免許の更新講習をやっているので それのバイトです。 まぁ、仕事内容は1時間受付して 1時間出席チェック等々の雑務して のこり5時間は読書…

大学院生活。のこと

こんにちは。 とっっっっっっっっても久しぶりにブログを書こうと思います。 最後に書いたのが大学生時代で、 あれやこれやの間に卒業して、兵庫の山奥の大学院に入院しています。 同年代が働きだしました。 長野で僕におにぎりをくれ、 原付で車に喧嘩を売…

「仕事」のこと

あっという間に二ヶ月ぶりになりました。 さぼりました。すんません さて、仕事についてなんですが、最近思うことがあるのです。 僕は今バイトをやめてまぁうだうだしてるのです。 まわりからニートかとか暇人だなってわいわい言われたりもする。 でもね、僕…

「きまぐれ」のこと

チャリ旅で立ち寄った京都の大学。そこでやっぱり衝撃を受けた。 なんて楽しそうなんだろう。 タバコもバイクも車も 販売もギターも関わりもなんてフリーなんだ。 そういうのを通して やっぱり大学って楽しくなくちゃ。と思った。 ということで自分の大学を…

「チャリ旅」のこと

どうも。旅の報告です。 スタートは長野市、ゴールが大阪。移動は自転車ということで実習終わって旅立ちました。 10日間で860キロ 三年前より体力、精神的にもつらかった。そんな旅の報告です。 出発初日は台風が過ぎ去ったその日に出ました。 夕方三時出…

「読む」ということ

後半アディショナルタイムに 味方のスルーパスに反応し、裏に抜け出したFWがPKエリア内でファールを受けたが レフェリーはシュミレーションと判断、警告がくだされた。 GKがすぐさまのロングボールを放ちカウンターに転じる 右サイドハーフがトラップし、ト…

「大学生活」ということ

実習が始まってきた。ということで一年続けていたバイトを辞めた。 自分にはこんなにもやるべきことやりたいことがあったのかと気づかされた。 バイトをするということは悪いことではない。いろんな経験やお金を得れる。もちろん経済的にしなくてはならなと…

「造り出す」ということ

いつの間にか私たちの生活は 造りだすという生活から消費するという生活にかわってしまっている。 かつては毎日の仕事が例えば農業のようにその日一日を生きるために 費やしてた時が、お金を稼ぐための仕事になって お金を使ってものを手に入れるという仕組…