ことのこと。

思ったこと。感じたこと。自分の視点で自分の言葉で描いてみる。

「あ、、、僕がしたかったのはこういうこと」のコト

 

つい先日、大阪にある

素敵なフリースクールに行ったのです。

 

自分の研究に関連するのも一つの理由だけど、

改めてフリースクールというのを見てみたかったのです。

 

んでね、まぁ、いろいろなコトがありました。

いろいろな子どもに会えました。

いろいろなお話を聞けました。

 

今回はその中の一つのおはなし。

 

 

僕が学校(フリースクール)見学させてもらう時に

1家族も一緒だったのです。

子ども(中1)とその両親。

 

まぁ、特に何かを話すコトもなく

この子もしかしたらフリースクールに入るのかなぁ。。。

くらいに思ってました。

 

でも最後に、フリースクールのスタッフの方が

「キクチさん、そういえばフリースクール出身でしたよね

なにかあれば・・・」

と話を振られたのです。

そしたらもう家族がすごい食いついてきて

え、そうなんですか!?って。

 

「いやぁ、実はそうなんです・・・」って。

 

ということで

ちょっとだけ僕の人生を話させてもらって

んで、

結局伝えたのは

 

不登校だってだけで

そんなに否定的にならないでほしい。

 

少なくとも僕にとってあの時の経験は、

大切なものになっている。

そして確実に今の僕の糧になってる、プラスに働いています。

 

だから、どうか自分を責めないでほしい

だから、どうか息子さんを責めないでほしい

ネガティブにならないでほしい。

人生は今決まるんじゃなくて、

この先の長い人生で決めながら生きて行くんだと思います。

だから、きっと大丈夫ですよ。

少なくとも僕よりは立派な人間になれますよ。

大丈夫です。

 

ってお話をしたら

まぁ、お母さん泣いてしまって。

 

お父さんも子どもさんもすごい話を聞いてくれて。

 

ありがとうございますって。

安心しましたって。

ずっと不安だったんですって。

希望になりましたって。

 

そう言ってもらって

僕はあぁ、そうだよなぁ。僕がやりたかったのは

修論を書くコトとか、大学院を卒業することとかは

あくまで過程であって目的じゃないよなぁ。。。

 

最後にはこうやって悩んでいる人、不安に思っている人に

大丈夫ですよ。って言ってあげることだったんだなあ。。。って

 

改めて初心に返った気になりました。

 

そのあと少しだけ家族の話を聞いて

もう一度ゆっくりお話させてくださいって言われてこちらもぜひ!って

連絡先交換してその日は別れたんだけど。

 

 

なんだか、あぁ、自分の経験とか、考えとか

そういうのが自分だけで完結するんじゃなくて

誰かのためになって、それで泣くほど喜ばれて

そして繋がっていく。

 

この感覚はなんだろう。

とても嬉しい。

 

ちょっとだけ、自分が自分でよかったと

思えるそんな出来事でした。

 

 

 

ちなみに、フリースクールにいる

女の子が

将来先生になりたいって言っていて

どうして?って聞いたら

だって、学校の先生って偉そうで子どもを子ども扱いして

いつも正しいって顔しているのが気に食わない。

私が先生になって変えてやるって言っていて

 

 

なんてこった。

こんなかっこいいやついるんか。

参りました。

 

 

大人も子どもも関係ない。

そこにいるのは

ただの人間と人間なんだよな。