ことのこと。

思ったこと。感じたこと。自分の視点で自分の言葉で描いてみる。

「2017年と、ぼくと、ジャイカ」

ここは研修施設ではありません。

24時間、訓練する場所です。

 

そんなとある人の

一声で僕の2017年は幕をあけたといって良いでしょう。

 

 

時は遡り、2016年12月末日。

 

 

地獄のような毎日を過ごし

どうにかこうにか修論を書き上げた僕。

(手伝ってくれた方本当にどうもありがとう)

 

恐るべき口頭試問もどうにか乗り越え

訂正をし、最終提出をしたのが

12月26日。

 

「ま、もう内容はこれ以上触れないでおきましょうか・・・」

 

そんな妥協以外なにものでもない

ボスの一言により、僕の修士論文はどうにか

完成を迎えたのでした。

 

 

さて、時は流れ2017年。

1月5日。

僕は今、JICAの訓練施設にいます。

ちなみに長野県、駒ヶ根

 

ここで約2ヶ月の訓練を受けます。

 

語学から、発展途上国のこと、安全・危機管理のことなど

多岐にわたりみっちりと行います。

 

1日の流れ。

 

6時前には起床。

この時間まで起きていることはあっても

この時間に起きることは

今までの人生において8回くらいしかない。きがする。

 

んでもって6じ30から

点呼を行い、

寒空の下、国旗を掲げ、ラジオ体操をし、そのまま

ランニングへGO!

2〜3キロくらいだってさ。

 

んで8時45分から

18時までお昼ご飯を挟みながらも

訓練するそうですよ。おくさん。

 

もう、想像以上にハードじゃないっすか!!

 

 

とまぁ、嘆きながらも、

まだね、その生活にはきっと順応できる気がするからいいんだけど

 

問題は

語学である、スペイン語の学習。

 

Y

 

これスペイン語でなんていいますか?

 

英語では「わい」

うん。なるほど。馴染みがありますね。

 

スペイン語では

 

「イグリエーガ」

 

はい、ちょっとまったー。

 

え、と。うん。

 

長くね?

 

もはや単語やん。

 

どゆこと?ん?

 

 

そんなハテナに苦しみながら

明日はクラス分けテストだぜぃ!

 

今更数字の1〜100を言えるように頑張っています。

 

 

やはり、JICA、さすがです。

みんなコミュニケーションスキル高いです。

 

新宿から長野へバスで向かう時

あからさまに、こいつジャイカメンバーだなって人が

ちらほらと。

とりあえず寝たり、寝たたふりしてたら

ついた頃には僕以外がお友達に。

おかしいなぁ。。。

 

夕食時、なんとなく座ったら

まわりがもうあだ名で呼び合う仲に。

 

目の前の人が気を使ってくれて

「菊地さん、あだ名なんかあります?」

と話を振ってくれたにもかかわらず

 

テンパった僕は、

 

「いや、特にないです。はい。」しーん。。。

 

「あ、そうですか。。確かに、菊地ってあだ名つけにくいですもんね。。。」

 

という特に確証のないフォローをいただきました。

 

 

なにこれ、

大学の再来?

むしろ大学院の再来?

 

気づいて!僕は人見知りなの!!

 

なんて感情はもちろん心の奥底に

ぼくはもくもくとご飯食べました。

 

 

そんな感じで1日が終わっていきます。

 

 

あ、出発日が決まりました。

僕が無事に訓練を終えれれば、出発は

3月27日です。

 

訓練が終わるのが3月15日。

 

訓練終わってから猶予期間が

10日ちょっとしかないという現実に

震えながら僕は今日を生きています。

 

 

こんな感じで僕の2017年、あけました。